礼儀を学び強くなる 帯広・中札内の空手教室 国際空手協会 葵塾 blog

aoikarate.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 26日

JKJO北海道地区選抜予選大会

今日は北海きたえーるにおいてJKJO北海道地区選抜予選が開催されました

毎年この最終予選では本当に熱いドラマがあります

今年は5名の選手が一枠の代表権にチャレンジしました

b0324403_21342194.jpg
会場がすいているうちに柔軟だけを済ませておき、審判講習会が終わると同時にアップを開始します
b0324403_21342195.jpg
前半戦は皆の動きが固いながらも初戦を突破する選手が多かったのですが、徐々に最終予選の厳しさが出てきます

前半を終えて決勝のコートに上ったのは 然一郎と颯の2名。

ここまでで既に3名の選手が涙をのみました

b0324403_22342880.jpg

b0324403_21441281.jpg

今日は前半戦から会場内の空気感が重たかったのですが、ここからさらに重苦しい空気になっていきます

b0324403_21342123.jpg
然一郎の決勝の相手は全日本はもとより世界大会等でも活躍している有名選手。その強豪に必死に食らいついていこうと持てる力を振り絞り、相手選手の力と技を体に感じ、いつも以上の力を発揮できたと思います。

結果は負けとなりましたが、試合の度に成長し強くなっていく姿は何にも代えがたいものです


そしてラスト一人は颯です
b0324403_22210276.jpg
葵塾の生徒で誰よりも稽古量が多く、誰よりも真面目な彼ですが、誰よりもプレッシャーに弱いというオマケもついていて、周りから見ると本当に歯がゆいのが颯です

葵塾の生徒は最初から気持ちの強い生徒は一人もいません。そんな気持ちの小さい生徒達が、1回戦負けを繰り返し、涙を流しながら壁に挑み、乗り越えるのに4年かかった生徒もいました。3年かかった生徒もいました

そんな先輩達の乗り越えていく背中を見て育った颯も、今日なんとか一つ壁を登りました
b0324403_21342100.jpg
厳密にいえば今日は登っただけで、乗り越えてはいないのですが、試合が終わってすぐに「もっと出来たことがある試合だったと思います」と報告に来ていたので、自分でもよく理解しているということなんですが、この思考は颯ならでは。本当にたいしたものです

平成最後の夏、この熱い夏の最後に一年で最もタフな大会でしたが、皆よく頑張りました!

今年は代表選手6名、繰り上がり無しということで、全員が力で勝ち取った代表権です

全日本ももうすぐそこ。ここからラストスパートで飛ばしていきましょう!!
b0324403_21342231.jpg
最後になりますが、出場の機会を頂きましたJKJO 宮地会長、審判員の先生方、並びにスタッフの皆様、誠にありがとうございました






[PR]

by aoikarate | 2018-08-26 22:31


<< 北海道胆振東部地震      勝毎取材 >>