人気ブログランキング |

礼儀を学び強くなる 帯広・中札内の空手教室 国際空手協会 葵塾 blog

aoikarate.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 23日

フルコンタクトチャレンジ北海道 2018

4月22日 きたえーるにおいてフルコンタクトチャレンジ北海道2018が開催され、葵塾からは選抜クラスのみ11名が参加させて頂きました
フルコンタクトチャレンジ北海道 2018_b0324403_11482329.jpg
この大会はカラテ甲子園 JKJO全日本ジュニアの選抜大会であり、本州勢も権利獲得のために参加してくるとても厳しい大会です


いつもの大会とは気合の入り方が違っていて、皆アップから闘志に満ち溢れていました
フルコンタクトチャレンジ北海道 2018_b0324403_11530994.jpg
普段は選手会のサポートチームが引率を行いますが、今回は選手会が全員出場ということで全てを皆で回します

入会したばかりの生徒が札幌まで駆けつけてくれたり、幼年の生徒がタイマー係になっていたり、本当に一丸となっていましたね
フルコンタクトチャレンジ北海道 2018_b0324403_11530464.jpg
一聖、幸永、伶丞、本当にありがとう!! 


フルコンタクトチャレンジ北海道 2018_b0324403_18253628.jpg
フルコンタクトチャレンジ北海道 2018_b0324403_11530711.jpg
フルコンタクトチャレンジ北海道 2018_b0324403_11530609.jpg
フルコンタクトチャレンジ北海道 2018_b0324403_11530801.jpg
フルコンタクトチャレンジ北海道 2018_b0324403_11530607.jpg
試合結果は、

森田 向日葵 1級 優勝
古川 琉慎 3級 優勝
髙松 希帆 6級 優勝
加藤 美陽 7級 優勝
森田 青空 初段 準優勝
忠石 然一郎 2級 3位
前田 礼生 4級 3位
加藤 颯 4級 3位
上村 幸生 6級 3位

結果としては、11名出場で9名の入賞 代表権獲得は5名、繰り上げの獲得は無しということで昨年よりも良い結果なのかもしれません

しかし、試合の内容が今一つ乗り切れない感がありました

勝った選手も負けた選手も、自分たちの空手が出来なかったというのでしょうか。

会場の雰囲気に流されてしまい、本筋を忘れて違う空手をやってしまった選手が多く、指導の難しさを痛感します

反省会ではそこをしっかり皆に説明しました
フルコンタクトチャレンジ北海道 2018_b0324403_11530866.jpg

最後に選手会が集まり、獲れなかったメンバーをなんとしてでも全日本に連れて行くぞ!と、お互いに励ましあっている姿を見て、私も励まされました。

反省は多々ありますが、とにかく前を見て進むしかありません
8月までに、やれることをやりきるぞ!!
フルコンタクトチャレンジ北海道 2018_b0324403_11530959.jpg
最後に、この度出場の機会を与えて頂きました、水滸會丈夫塾 宮地塾長、審判員の先生方、そしてスタッフの皆様、誠にありがとうございました







 



by aoikarate | 2018-04-23 12:29


<< フルチャレの取材      第25回 定例選手会&記録会 >>